前へ
次へ

魚を食べる魅力とは何か

日本は海に囲まれている島国なので、色々な魚を味わう事ができます。魚には豊富なタンパク質があるので、筋肉を育てる時にも非常に大切な存在になってくれます。肉からもタンパク質を摂る事ができますが、肉の脂質には飽和脂肪酸が多く含まれているので、コレステロール値が高くなってしまうので、生活習慣病が発症するリスクが高くなってしまいます。魚にも脂質は含まれますが、魚の場合は不飽和脂肪酸が多く含まれているので、肉とは異なり脂質でも良い効果を得られます。DHAやIPA等の多価不飽和脂肪酸が魚には多く含まれているので、中性脂肪や悪玉コレステロールの値を減らす事ができます。更に魚を食べる事により、脳の働きを良くする事もできるので、学校に通っている学生等には非常に魅力的な食材です。血液をサラサラにする効果もあるので、血液の状態が悪くなっている方には非常に心強い存在になってくれます。魚は非常に健康にいいので、老若男女の方にとって重要な食材です。

Page Top