前へ
次へ

余すことなくシメジを食べるためのカット方法

低カロリーでありながらお腹をしっかりと満たしてくれるキノコのシメジですが、余すところなく調理には使い切りたいと考えます。美味しく食べることのできるシメジはできるだけ廃棄率を減らして、美味しいメニューに変えて存分に味あわない手はありません。難関となるのがシメジの石づき部分であり、面倒になると意外と食べられるところまで、バッサリと包丁で切り落としてしまうこともあります。できるだけ石づき部分だけ切り落とそうとして、ばらけてしまい調理が大変になってもいけません。まな板を無駄に汚すことなく、さらにキノコたちをばらけにくくする切り方をマスターです。シメジははじめに真ん中から裂いて、さらに裂くので四等分にします。それぞれの裂いたところを下にして、石づきとのちょうど境目をカットすると、ばらけることなく必要な分だけ、無駄に破棄する部分を作ることなくカットすることが可能です。寄せ鍋や味噌汁に入れる時にも、石づき部分が料理に入ってしまうこともありません。

Page Top